suica電子マネー2

乗車券以外に電子マネーとして使えるsuica電子マネーは、自動販売機で使えるようになり、ジワジワと普及していきました。

2006年には、モバイルsuicaサービスインしサイトオーナーも直ぐに使い始め、10年経過しています。

電子マネー』の10年間の歩みは、携帯電話に非接触ICカードチップを内蔵したDOCOMOなどと一緒に少しづつ普及しました。

DOCOMOのIDやJCBのQuickPay(nanacoJCBで運営)WAONなど!


f:id:oosakazamurai:20160919134149j:image

俗に言う『おサイフケータイ』というFeliCa技術の上に各社が電子マネーアプリをスタートしました。

乗車券としてのsuicaは、JR西日本ICOCA他全国のIC乗車券と提携して使用出来るのですが、電子マネーについては、自分たちのエリア内店舗でしか使えません。

首都圏で生活する人が大阪の駅売店を利用することは少ないので、あまり不便は感じませんが。

一番不便を感じるのは、おサイフケータイチップ搭載のスマホを機種変する時です。

iPhoneには、おサイフケータイチップが搭載されていませんでした。

2006年当時は、Panasonicガラ携でモバイルsuicaアプリを入れて使用し、その後sharp製ガラ携、sharpSoftBankスマホWILLCOMsharpスマホを使って来ましたが、MVNO会社の格安SIMでおサイフケータイ対応している端末が無い為、SIM無しの機種変前のスマホモバイルsuicaを使うハメとなりました。

もう使って無いスマホで、バッテリーが充電されていなくても使えてました。

そんな状況下、AppleからNFCという技術でFeliCaアプリをApplepay経由使えるニュースを見て、昨日iPhone7plusをAppleサイトで購入してしまいました。

在庫が無いようで、10月10日以降着とのこと。

実機が届きましたら、どうやってアプリ移行するか?などレビューさせてもらいます。