oosakazamuraiのブログ(^^)

oosakazamuraiのブログ

東京で育ち大阪で生活し東京に舞い戻ってきた中途半端な管理人が、インターネット関連、クレジットや電子マネーについての独り言をブログに掲載しています。

電子マネーの普及しない要因

 

最初の電子マネーEdy

電子マネーは、2001年にEdyがスタートしてから15年の歴史があります。

Edyカードは、am/pmなどの協力会社などからスタートしましたが、前払い(プリペイド)方式の為入金機が無いと残額不足となる為、チャージする機械が少ないのがネックでした。
f:id:oosakazamurai:20160919142246j:image

それ以上に普及を妨げていたのは、読み取り機が高かったのと、手数料率が高かったことです。

suicaカードにチャージ出来る上限20,000円に対し、Edyは50,000円が上限なので高島屋などに採用されました。

それでも、suicaのように毎日通勤・通学に使うカードでは無い為、36万店舗で使えますが、楽天に買収されてしまいました。

生活圏内での利便性がカード普及のポイントとなるからでしょう!

 

その他の電子マネー

 では、クレジットカードと紐付いたDOCOMOのIDやJCBのQuickpayは後払いですが、増えているのでしょうか?

こちらのサイトで会員数のトレンドが分かります。

【主要6社】プリペイド型電子マネーの発行枚数・決済件数(利用件数)の推移をグラフ化

グラフにIDがありませんが、推定2000万会員数、Quickpayは500万会員数くらいです。

但し、電子マネーを使っている回数、金額ともにnanaco,WAONが突出しています!

毎日の食料品に使ってもらえることが、利用頻度を上げる為当然の結果と感じます。

 

首都圏ならsuica

JR東日本や私鉄を利用するサラリーマンであるならば、kioskでも自動販売機でも使えるシーンが多いsuicaが一番!

Pasmoスマホに対応していないので、ちょっと残念ですね!

生活圏内での利便性がカード普及のポイントとなるからでしょう!

 

suicaが使えるAirPAY

一般のお店でsuicaが使える店舗はまだまだ少ないと思います。Airペイならば簡単にsuicaもクレジットカードも使えるのでとっても便利!