電子マネーとクレジットカード

suicaviewカードPASMO各社もグループカードを使って残金1000円を下回ると自動改札機通過時点で決めている金額(最低3000円)をオートチャージ出来るのでとっても便利に使えます。

モバイルsuicaのメリットは、オートチャージに加算されるポイントです。使っていくとすぐに1000ポイントくらいたまり、suicaへチャージ出来ます。

iPhone7plusでsuicaが使えるようになったら、オートチャージも出来ると思いますが、もし出来なかったらメリットが半減します。

電子マネーとクレジットカードとポイントは、密接な関係があるので、自分の生活に合った使い分けをしましょう。

ちなみに、お財布の中に入っていたカードを撮影してみました。
f:id:oosakazamurai:20160919155843j:image

モバイルsuicananacoは、スマホの中です。JR東日本のクレジットカードviewカードは、JALカードsuica、セブンカード、ウォールマートSAISON、LASON、ファミマ、マイドPlus、楽天カードなどなど!

比較的貯まりやすいビッグ3は、航空系、携帯系、家電量販店系です。

最近は、JALANAも乗らなくなって、スマホMVNOにしている、あまり貯まりませんが、ヤマダ電機カードはスマホのアプリに入れて重宝しています。

10年以上前に、これらのポイントカードを1枚に集約させる仕掛けをしましたが、見事に粉砕!

現在、唯一の勝ち組Tポイントに楽天ポイントが対抗し、PontaカードやnanacoWAONが系列内で頑張っているという構図です。

携帯キャリアでは、auウォレットが頑張っているようですね。

 個人的には、滋賀県本社のスーパー平和堂のようにポイント溜まったらキャッシュバックしてくれるのがいいですね!

モバイルsuicaで貯まったビューサンクスポイントは手数料無しで翌日には受け取れます。

suicaカード付きのviewカードだと、入金を駅設置のview ALTTEでATM同様の操作が必要となります。