oosakazamuraiのブログ(^^)

oosakazamuraiのブログ

東京で育ち大阪で生活し東京に舞い戻ってきた中途半端な管理人が、インターネット関連、クレジットや電子マネーについての独り言をブログに掲載しています。

キャッシュレス店舗登場(ロイヤルホールディング)

ロイヤルホールディングスは2017年11月6日、飲食代金の支払いをクレジットカードと電子マネーに限定したレストランを東京都中央区に開業する。

メニューの注文やキッチンでの調理工程も効率化させる。

人手不足を背景にした次世代モデル店として運営し、ノウハウをグループ他店に生かす方針のようです。

 

 ※毎日新聞11月2日のニュースより

 

 

f:id:oosakazamurai:20171104123923p:plain

 

<システム概要>

まず、店頭に現金不可の表示をし、店内ではお客様がセルフオーダーで注文をするようになっています。(画面を見た限りオリジナルのセルフオーダーシステムのようです。)

f:id:oosakazamurai:20171104123930p:plain

ロイヤルホールディング様のプレス記事にシステム概要が掲載されていました。

f:id:oosakazamurai:20171104123916p:plain

株式会社マウント・スクエアとの協業により、店舗システムを共同開発されたそうです。(昨年12月に創業したベンチャー会社です。)

 

会計(決済)時に楽天ペイの端末で処理をするようです。

 

<扱うクレジット、電子マネー

■導入決済: クレジットカード(Mastercard、JCB、Visa、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、DISCOVER)、電子マネー(「楽天Edy」※・「Suica」・「PASMO」・「Kitaca」・「TOICA」・「manaca」・「ICOCA」・「SUGOCA」・「nimoca」・「はやかけん」、「nanaco」、「WAON」(2018年サービス開始予定)、「QUICPay+」、「iD」)
※「楽天Edy」に対応しているため、Googleが提供する「デジタルウォレット」サービス「Android Pay™」による決済も可能

ということなので、ほぼすべてのクレジットと電子マネー決済が可能なようです。

 

大手ファミレス業界では5年前の2012年11月にiPodTouchによる注文システムをサイゼリアが採用していましたが、iPhone/iPadから注文するシステムが本格的に導入されたのはそれ以来となります。

更に「楽天ペイ」のBluetooth接続の端末でクレジット&電子マネー決済が出来るということは従業員がテーブルの前で会計処理が出来るということになります。

 

<実験店舗の評判>

11月1日のプレス発表されて以来、ネットの投稿をみた限りでは現金が扱えないことに対する不満が多かったようです。

6日にオープンする店名は「GATHERING TABLE PANTRY(ギャザリング・テーブル・パントリー)」。気の合う仲間と気軽に集える店との意味を込めた。広さは約120平方メートル(客席約40席)で、店員5人で運営できる。サラダやパスタ、ハンバーグなどを提供するそうです。

どんな感じなのか?は実際の店舗に行ってみないとわからないかもしれませんね!

 

※もっと簡単にキャッシュレス!

スポンサーサイト

楽天ペイ同様にすべてのクレジット、電子マネー対応でAirレジを使えば簡単にキャッシュレス店舗になります!是非、訪れてご検討ください。