oosakazamuraiのブログ(^^)

oosakazamuraiのブログ

東京で育ち大阪で生活し東京に舞い戻ってきた中途半端な管理人が、インターネット関連、クレジットや電子マネーについての独り言をブログに掲載しています。

新会社でも作れる法人ETCカード

f:id:oosakazamurai:20171116131635j:plain

ETCカードを個人で持っている方は多いと思います。

普通であれば、クレジット会社のオプションとして500円/枚程度で作ってくれます。

 

毎日車両を使う会社では、会社専用のETCカードにすると便利です。

 

法人用ETCカード

1.クレジット会社発行のETCカード

法人用ETCカードには、法人用クレジットカードを作る必要があり、そのカードの審査が通らない限り、ETCカードが発行されません。

 

2.NEXCO(東・中・西日本高速道路会社)が発行するETCコーポレートカード

クレジットカード無しでETCカードのみを、NEXCO(東・中・西日本高速道路会社)から発行出来ます。

支払いは銀行引き落としや振込みになり、クレジットカードを持てなくても、ETCカードの発行ができるのです。

基本的に大口利用者向けの車両限定ETCカードと言われていますが、もちろん個人事業主での契約も可能です。

但し、現金または銀行保証で支払保証が必要となり、その金額が結構高いのが難点です。

 

3.協同組合を通して、法人用ETCカードを発行

協同組合とは、個人あるいは事業者などが共通する目的のために自主的に集まり、その事業の利用を中心としながら、営利を目的としない組織の事です。

その協同組合が、ETCの申し込みから発行までを行っています。

協同組合費と共に、走行金額というものが徴収される場合もあります。

 

高速情報協同組合の場合

平成5年3月に設立された北九州本社の高速情報協同組合では、クレジット機能が無い法人ETCカード発行を行っています。

 

高速情報協同組合がETCマイレージサービスを組合員の代わりに登録し、その管理を行いますので面倒な手続き等は不要です。
マイレージポイント全額還元《高速道路(株)の規程》及び立替保証、請求書作成、マイレージ登録など全て当組合が手続き致しますので、毎月の走行金額の8%を手数料としていただきます。➡それでもお得!

たとえば、

〇大口・多頻度割引があります。

マイレージサービスが使えます。

1台の車載器でカードを複数作成可能

 

新会社でも個人事業者でも必要なETCカード枚数が作れます!

※必要経費は

出資金(脱退時返金) 10,000円/1社

カード発行手数料 540円(税込)/1枚

取扱手数料 540円(税込)/1枚(年1回)

※添付書類
【1】 ●法人の場合…商業登記簿謄本(写し可)
     ●個人事業者の場合…所得税確定申告書(写し可)
【2】 車検証(写し)

【3】 ETC車載器セットアップ証明書(写し)

 

お申込みは、こちらのHPからお願いします。

 今まで会社名義でETCカード発行できなかった会社様には是非ご検討いただきますようお願いします。