oosakazamuraiのブログ(^^)

oosakazamuraiのブログ

東京で育ち大阪で生活し東京に舞い戻ってきた中途半端な管理人が、インターネット関連、クレジットや電子マネーについての独り言をブログに掲載しています。

リクルートのAirレジは当初squareと連携していたが、現在はAirペイを開発して展開中!

リクルートライフスタイルのAirレジが販売開始された当初、クレジット決済端末はsquareのリーダーを推奨していました。

f:id:oosakazamurai:20171129191134p:plain

ということで、今でもAirレジの決済をする時にSquareでのクレジット決済項目が表示され使用出来ます。

 

 

 ハッキリとした記事などはありませんが、推測として自社で開発したAirレジアプリに対応するクレジットアプリがなかった当初squareと連携していたが、自社でAirペイを開発した為AirレジとAirペイ他Airマーケット、レストランボードなどすべて自前アプリでリクルートは勝負している。ということではないでしょうか?

 square側は、提携先を増やし『EC-orange-pos』と『POS CUBE』と『ユビレジ』の3社にAPIを開放して連携しています。

➡ ご参考 http://poshikaku.com/credit.html

 

レジ機能重視すると・・・

square側も無料のレジアプリを開発していますが、まだおまけのソフトの域を出ていない為個人商店で使うレベルです。

その点、商品のカテゴリー設定、在庫管理、商品配置からテーブルの席管理、予約管理、防犯監視カメラまで手広く展開するリクルートAirレジが一枚上をいっています。

 

飲食店などでは、スマホなどから注文するオーダーエントリーアプリと連携していないので、オーダーエントリーするならば、使い易いレジを選んでそれと連動しているクレジット決済端末を選択するということになると思います。

 

AirレジとAirペイの組合せ

そうはいってもそこそこのレジとクレジット端末の両方を選択すると、それなりの初期費用がかかってしまいます。

リクルートAirレジアプリは無料のアプリなので、iPad(iPhone)とプリンターがあれば使えるすぐれものです。

 

実際に管理人も使っています。

 

ということで、優れたレジアプリAirレジを使うことを前提に「クレジットも電子マネーもApplePayも使いたい」という要求を満たしたのが『Airペイ』ということになります。

f:id:oosakazamurai:20171129194211p:plain

Airペイの導入を考えている店舗の方は、まずはAirレジアプリをダウンロードし、メニュー登録して使ってみて下さい。

それ程難しいアプリではありません!

その上で、使ってみようとなればレシートプリンターやキャッシュドロアなどを買い足し実稼働すればいいと思います。

そして、クレジットや電子マネーが使えることをアピールできるAirペイを連携させれば便利な道具になることと思います。

 

※実物はビックカメラなどでもコーナーを設けているので確認出来ます。

 

Airペイを採用される方は、是非こちらのサイトからお申込み下さい。