oosakazamuraiのブログ(^^)

oosakazamuraiのブログ

東京で育ち大阪で生活し東京に舞い戻ってきた中途半端な管理人が、インターネット関連、クレジットや電子マネーについての独り言をブログに掲載しています。

wifi接続は時々接続が切れることがあります。そんな時はiPhoneのIPアドレスを固定にしたらいかがでしょう?

さて、wifi接続が良く切れるなど不安定な場合には、スマホIPアドレスを固定(静的)すると解消される場合があります。

そんな時に重宝するのが、プライベートIPアドレスが今どうなっているかを確認するFINGアプリです。 fing.pngAPP STOREより無料でダウンロード出来ます。 IMG_0293.jpg

wifi接続後にこのFINGアプリを立ち上げると、現在接続されているネットワークの中のIPアドレスが確認出来ます。

では、NTT東日本フレッツ光でyahooBBのISP事業者と契約しているところで、PR-400MIというONUルーター(ホームゲートウェイ)に市販の無線LANルーターNEC製AtermWR8165N)を接続した状態で説明します。

無線LANルータールーターモードをOFFにして使っています。


iPhone7PLUS(iOS11.0.3)の画面 まず、設定アプリをタップします。 IMG_0284.jpg

接続されているSSID(ここではaterm-e7802b-g)をタップします。

IMG_0285.jpg

次に2行目のインフォメーションマーク(iが〇で囲まれています)をタップします。

IMG_0290.jpg

現在接続されているIPアドレスサブネットマスクルーターの右側をメモして下さい。

次に「手動」をタップします

IMG_0292.jpg

IPアドレスの192.168.1のネットワーク部は変更出来ませんので、右側の7というホスト部を普段は使わない50以上にしてみます。

(ここでは192.168.1.65) その下サブネットマスクは、同じ数字とします。

(255.255.255.0) その下ルーターは、192.168.1.1として最後に右上「保存」をタップします。

IMG_0294[1].jpg

左上にある青色ので画面を戻し、「設定」➡「Wi-Fi」の画面でSSID(aterm-e7802-g)右にあるiマークをタップして、IPアドレスが変更になっていることを確認して下さい。

以上でIPアドレスの固定(静的)が完了です。

念の為FINGアプリを更新し、IPアドレスを確認するとちゃんと192.168.1.65へiPhone7PLUSが変更されたことを確認出来ました。

しょっちゅうwifi接続が切れるなどトラブルがある場合は、このような方法でスマホIPアドレスを固定にしてみて使いましょう。

Androidの場合は出来る端末と出来ない端末があります。)

 

 スポンサーサイト